持続可能な服をテーマにしたミートアップイベント「これからの、服の話をしようか。#1」を開催

2022/08/25 プレスリリース

これからの、服の話をしようか

お申し込みはこちら:https://fabrictokyo-fashion-talk-night-shinjuku.peatix.com/

株式会社FABRIC TOKYO(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:森 雄一郎)は、2022年9月15日(木)、東京・新宿のキンプトン新宿東京にて、ミートアップイベント「これからの、服の話をしようか。#1」を開催することをお知らせします。

トークゲストにTakramディレクター/ビジネスデザイナー佐々木康裕氏、モデレーターにリテールフューチャリストの最所あさみ氏をお迎えし、「持続可能な服」をテーマに、食事やドリンクを楽しみながら出演者、来場者同士がカジュアルに語り合うことができる場をつくります。

■ イベント概要

FABRIC TOKYOが新たにスタートするイベント「これからの、服の話をしようか。」は、「持続可能な服」をメインテーマに、ディナーショーのような感覚で美味しい食事とドリンクを囲みながら語り合うイベントです。

毎回、開催地にちなんだサブテーマを設け、その土地に根差した店を会場に、食事やドリンクも地域にゆかりのあるものをセレクトします。

FABRIC TOKYOは現在、全国で13のリアル店舗を展開しており、地域のお客さまにオーダーメイドをお楽しみいただいています。

長い間、集まって交流することが難しかった中で、さまざまな地域のみなさまと店頭以外でも直接交流させていただく機会を少しづつ取り戻していきたいという思いから、本イベント「これからの、服の話をしようか。」の企画がスタートしました。

初回の開催の地となる「新宿」は、様々なカルチャーが混在し、常に人、ものが溢れる街です。今回は、そんな新宿を象徴するともいえる「消費」をサブテーマに選びました。

ゲストには、ビジネスデザイナーとして様々なプロジェクトを手がけているTakramの佐々木康裕氏、「知性ある消費を作る」をミッションに掲げ活動する最所あさみ氏をお迎えします。

今後、新宿を代表する場のひとつになっていくであろうキンプトン新宿東京を会場に、新宿にゆかりのある食事やドリンクを用意。スピーカーとオーディエンスという境界線を越えて、「持続可能な服」について気楽かつ真剣に語り合うことができるイベントを目指します。

「これからの、服の話をしようか。」は、今後FABRIC TOKYOの各出店地域での開催を予定しております。

今後もFABRIC TOKYOは、「Lifestyle Design for All」というミッションの実現に向け、すべての人が着たい服を選択でき、洋服を通じて人生をさらに楽しむことができる社会を目指し取り組みを続けてまいります。

■ 本プレスリリースの詳細

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000165.000013830.html

■ 本件に関するお問い合わせ先

株式会社FABRIC TOKYO
社長室 広報・PR
長倉・月橋
pr@fabric-tokoyo.com