FABRIC TOKYOのサステナブルアップデート#8 オーダーシャツをリメイクしたシューズバッグを社内で製作、オーダーシューズの付属品に採用

2022/10/31 プレスリリース

サステナブルアップデート

株式会社FABRIC TOKYOは、アパレル業界から持続可能な社会の実現を目指すための取り組み「サステナブルアップデート」の一環として、オーダーシューズ(※)の付属品に、オーダーシャツをリメイクしたシューズバッグを採用したことをお知らせします。

アパレル業界の大量生産、大量廃棄は、環境問題における深刻な課題の一つです。リサイクル、リユースやリメイクを積極的に行い、循環型モデルで廃棄を減らしていくことが必要です。小さくとも私たちにできることから取り組み、微力ながらアパレル業界におけるサステナビリティの実現に貢献することを目指します。

※FABRIC TOKYOのオーダーシューズは、2022年8月に先行体験会を実施し10月より順次お客さまへお届けしています。正式な提供開始は2023年以降を予定しています。

■ FABRIC TOKYOのサステナブルアップデートとは

株式会社FABRIC TOKYOは、「Lifestyle Design for All」をミッションに掲げ、カスタムウェアの民主化を通じて人生や世界を楽しくすることを目指し、オーダービジネスウェアブランド「FABRIC TOKYO」、働く女性のためのオーダーウェアブランド「INCEIN」を展開しています。

サービスを作っていく上でFABRIC TOKYOが大切にしている「HI-3(※)」と呼ぶ3つのフィロソフィーのひとつに、「HI-SUSTAINABILITY」があります。

労働者の搾取、多様性の欠如、環境破壊など、サステナビリティの観点からアパレル業界全体で取り組まなければいけない課題は多岐にわたります。そのような状況の中で、クリエイティブな発想で今の私たちにできることからサステナビリティの実現に取り組むチャレンジを「サステナブルアップデート」と呼んでいます。

※ PHILOSOPHY FABRIC TOKYOが大切にしている3つのこと
https://fabric-tokyo.com/pages/concept

■ 未使用のシャツからシューズバッグが生まれた背景

FABRIC TOKYOでは、商品企画の際に出るサンプル品が毎シーズン発生することがあったり、短期間での体型変動などの様々な理由からお客さまのアイテムを未使用の状態でお引き取りする場合があります。以前から社内では、このようなアイテムを何らかの形で再利用ができないかと検討していました。

そういった経緯から、この度オーダーシューズをお客さまにお届けする際に付属するシューズバッグを検討する中で、「社内で未使用のまま眠っているオーダーシャツをリメイクしてシューズバッグにできないか」というアイデアが社員から生まれました。

現在は、商品開発チームのメンバーが1つひとつハンドメイドで製作を行い、オーダーシューズとともにお客さまにお届けをしています。

今後もFABRIC TOKYOは、「Lifestyle Design for All」というミッションの実現に向け、すべての人が着たい服を選択でき、洋服を通じて人生をさらに楽しむことができる社会を目指し取り組みを続けてまいります。

■ 本プレスリリースの詳細

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000170.000013830.html

■ 本件に関するお問い合わせ先

株式会社FABRIC TOKYO
社長室 広報・PR
長倉・月橋
pr@fabric-tokoyo.com