ABOUT US

私たちについて

WHO WE ARE

私たちは何者か

「誰もが自分らしいライフスタイルを自由にデザインできるオープンな社会をつくる」

日本を支える6000万人のビジネスマンのライフスタイル向上にファッションの分野から貢献し、働く日本人の毎日の始まりがもっと心躍るものになるよう、
仕事もプライベートも心から楽しむアクティブなビジネスマンを一人でも多く増やしたい。それが私たちの想いです。

VISION

だれもが自分らしいライフスタイルを自由にデザインできるオープンな社会をつくる

MISSION

自分らしいビジネスウェアを通じて
働く楽しさを届けるオープンなプラットフォーム

私たちはアパレル事業を行っています。しかし、私たちは洋服を提供しているのではありません。私たちは自分たち自身を「働く楽しさを探求する企業」と定義し、それをオープンなプラットフォームを創造することで、成し遂げようと考えています。

目指すのは、古く非効率となってしまっている旧来から続くアパレル業界の仕組みを、テクノロジーによって現代社会に最適化することです。ものづくりや流通を透明化・効率化し、販売方法を革新することで実現できる私たちならではの仕組み、それがオープンなプラットフォームです。

VALUE

私たちの価値基準

FABRIC TOKYO社内にはミッションを達成すべく3つの価値基準があります。
これらは当社のコアな価値基準であり、四半期ごとに行われる評価面談や新メンバー採用時にも常に確認されます。

01

Vision Driven

いつもビジョンを軸に考えます。今に最適化するのではなく、未来のあるべき姿を描き、自分たちの手でそれを実現します。

02

Always Why, Always Run

常に考え続け、常に行動し続けます。絶え間ない問題解決の繰り返しによって事業の成長に貢献し、自分自身も成長し続けます。

03

All for One

メンバー全員の力を結集して最高の事業を創ります。自分や自分のチームだけでなく、会社全体のために行動します。

CEO MESSAGE

代表挨拶

「洋服」っていつからこんなにもつまらないものになってしまったのでしょう?
古い、斜陽産業、アナログ。そんなネガティブな言葉がいつの間にかアパレル業界を表現する言葉になってしまいました。でも、洋服って本来はもっと楽しくワクワクすることであったはずです。FABRIC TOKYOは、洋服をもっと便利で楽しくかっこいい存在にしたいという想いの元、生まれました。クールで便利で画期的。最先端のテクノロジーを駆使した新しい洋服のD2Cブランドです。
そして私たちはそんなネガティブなイメージがある「アパレル業界」が大好きです。なぜなら斜陽産業には新規参入が少なく、自分たちがやらないと誰もやらない状態なのです。それはまさに業界をリードできる存在になれる可能性が高いことを意味しています。
古くて巨大、アナログなアパレル業界を、新しいアイデアとテクノロジーによって変え、一人でも多くの人がFABRIC TOKYOを通じて素晴らしいライフスタイルを歩むことができる世界を目指しています。

代表取締役 森 雄一郎

代表取締役 森 雄一郎の画像

COMPANY

会社概要はこちら

MEMBER

FABBRIC TOKYOの役員を紹介

INVESTMENT COMPANIES

投資企業一覧